Androidアプリの開発(その2) post

eclipse 3.6 の日本語化について

もともとEclipse Babelを参考にbabelで日本語化をしていた(簡単なので)。

が、メニューの「インポート」や「エクスポート」や「ビューの表示」などがグレーアウトして触れなくなる現象が発生した。

で、Android開発環境の構築 Eclipse編あたりを参考にPleiadesを入れてみた。

そのほかには、Androidのプラグインやsubversionを使用するためにSubversive SVN Team Providerを入れている。

Android開発周辺

DroidDrawって言うレイアウトエディタを見つけたので大いに使用している。

Eclipseとの連携は出来ないっぽいがレイアウトをUIで変更できるのはすごくありがたい。

Web上でもスタンドアローンでも出来るのですごくいい

で、肝心のアプリは最初作ろうとしていたものはハードルが高かったので、なれるためにも簡単な物から作ってみることにする。


 /  変更履歴  /  Permalink  /  このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ: ブログ  /  タグ: Develop, Android