File Drop Buffer をリリースしました post

Qt を利用し、FileDropBuffer というソフトを作ってみました。

ダウンロードは GitHub リリースページ からどうぞ。

基本機能自体は Qt に実装済みのものを利用したので、プロトタイプはできるのが早かったですが、アイコンつけたり背景を設定したりに時間がかかりました。

これはなに?

通常は、ファイルのドラッグ & ドロップは、一度しかできないですが、このソフトに溜め込むことで、複数の操作が一度にできるようになります。

例えば、

  • ファイルをドロップして形式を変換するコンバータがあるとして、別々のフォルダにあるファイルを一度に変換できる。
  • 複数のフォルダのファイルを一度に別のフォルダにコピーや移動できる。

など、です。

ダウンロード

OS リンク
Windows FileDropBuffer-win-0.1.0.zip ※ GitHub
OS X (macOS) FileDropBuffer-mac-0.1.0.dmg ※ GitHub

インストール

ファイルを解凍するだけで実行できます。

解凍した中にできている File Drop Buffer というアプリケーションを実行してください。

アンインストール

レジストリや設定ファイルなどは利用していないので、フォルダごと削除するだけです。

使い方

まず、ファイルをこのソフトの Drop file here と書かれている部分にドロップします。

ファイルのドロップ

何回かファイルをドロップし終えたら、アプリケーションの中央に表示されているファイルアイコンをドラッグし、目標とするアプリケーションへドロップします。

ファイルのドラッグ

その他の機能は

  • 右下のゴミ箱ボタンは、保持しているファイルの一覧をクリア
  • その隣のボタンは、アプリケーションの最前面解除&設定

 /  変更履歴  /  Permalink  /  このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ: ブログ  /  タグ: Qt, リリース